2016年5月19日木曜日

5月15日 天竜川水系河内沢

日時:5月15日(日)

メンバー:川田(CL)、小林、若月、杉山

行程:

秋葉湖沿岸の河内川出合から入渓→標高520m付近の二俣で遡行終了→林道から下山

記録:

OBの小林さんと沢登りに行ってきた。

河内沢出合までは、浜松市街から小林さんの車で約1時間。

 
 
午前7時41分。

人口の堤防を4つほど右岸から巻いて、遡行開始。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
大岩が転がる明るいゴーロから。

国土地理院地形図では“河内沢”ではなく“河内川”と表記されているだけあって、水量
 
が多い。

 

大岩の間をぬうように進む。
 
…それにしても今回のメンバー、本当に誰が誰だか分かりにくい。
みんな赤黒の服と沢靴に白いヘルメットである。
 
ちなみにこの写真は先頭が小林さん、2人目が川田さん、3人目が杉山。
 
 
 

午前8時20分。
 
2段12mの滝。
 
その水量と迫力に圧倒された。
 
右岸から巻く。
 
 
 
 
2段12mの滝を境に沢は樹林帯へ入る。
 
豊富な水量のもと楽しい遡行が続く。
 
 
 

 
午前10時20分。
 
明るい平地で一休み。

 
 
午前11時30分。
 
休憩地から間もなく、左岸に白いガードレールが見えたところで林道に上がる。
 
ここで遡行は終了。
 
 
 
この少し上流が二俣。
 
ここで渓相は一変し、大岩が沢をふさぐ荒々しい急流から穏やかな清流となる。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
流れが緩やかになったところで再び沢に戻り入浴(笑)
 
水量が豊富な沢だったので、真夏の暑い時期に是非もう一度来たいと皆で話した。
 
この後、少し道に迷いながら午後1時30分に無事車のある所へ下山。
 
 
 
 
まとめ:
短い遡行時間ながら、充実した沢登りだった。
大滝やゴルジュの突破だけが、沢の難しさではないと気付かされた。
 
 
 
 
(文:若月)

0 件のコメント:

コメントを投稿