2016年12月16日金曜日

12月15日 豊田・天下峰クライミング

日時:12月15日(木)

メンバー:若月、杉山、坂田

行程:
15日:浜松駅→二川駅→豊田古美山園地→天下峰の岩場→同ルートより帰宅

記録:
浜キャン勢による木曜クライミング第3弾は豊田の天下峰に行ってきました。
ボルダーが多い豊田の中にあって、天下峰はリード中心のエリアです。




若月・杉山は始発で二川駅へ向かい、
二川駅からは坂田家の車をお借りして豊田へ向かいました。

お車、ありがとうございました。

古美山園地から”天下峰”の標識に導かれるまま歩いていくと、
トポに載っている岩を発見。



















美しい花崗岩で見とれてしまいました。

3人とも初豊田なので、無事に天下峰の岩場に着いて一安心。



まずは、ルート36(5.9)



















典型的なスラブで、3人とも比較的すんなり登れました。


続いてお隣の、ルート60(5.10c)

リードで若月が取付くも、ボルト2本目の直後が突破できず敗退。
























トップロープでは坂田が大奮闘しましたが、
あと一歩が立ち込めずやっぱり敗退。

スラブの5.10c、恐るべしという感じでした。


日当たりの良い岩に移動して、オタマジャクシ(5.8)

グレードを見て気楽に取り付きましたが、慣れないフィンガークラックにまたまた苦戦。



















雨蛙にトップロープをかけるつもりが、
トップロープでオタマジャクシを練習することになりました。

こちらは杉山が意欲的にフィンガージャムを試していました。


みっちりフィンガークラックを練習した後は、雨蛙ノーマル(5.10a)。
トップロープ課題です。
























バランシーな下部を立ちこみでこなし、

























右側のクラックに合流するラインです。

ちなみにクラックのみをナチュプロでリードすると、雨蛙(5.11a)。


坂田、杉山はクラックに合流するところで苦戦していました。



















若月は何とか雨蛙に合流しましたが、



















終了点直前のスラブが厳しく、あっさりテンション。



3人とも豊田のルートにボコボコにされたところでこの日は終了。

結局3人ともノーフォールで登れた登れたのは最初のルート36だけという、

散々な結果でした。





















まだまだだな・・・と何かを悟って下山。

それにしても、なぜ坂田のザックがあんなに小さいのか不思議です。



まとめ:
登れなかったとは言っても、天下峰の岩場は非常に好印象でした。
美しいルートが多く、岩同士が非常に近いのも魅力です。
ぜひリベンジに行きたいです。

(文:若月)

0 件のコメント:

コメントを投稿